ITとテクノロジーの関係

近年、いろんな科学者が自分の技術を生かしてさまざまな発明を展開しています。
時には「何でこのような発明が」と思えるようなものもありますが、そんな発明もいつかはいろんなITシステムなどに導入され、人々の暮らしを便利にしています。

このように、ITが成長していくためには科学技術(テクノロジー)は不可欠なのです。
テクノロジーは、常にいろんな人々の「こうなりたい、こうなってほしい」といったニーズや意見を反映して研究されます。

数年前にノーベル賞を受賞したIPS細胞も、「人間の体が細胞から作られているのなら、そういった細胞を複製できるような細胞を見つけることができればいろんな病気を治すのに役に立つ」という思いから研究が続けられました。
また、近年話題になった3Dプリンターも、平面ではわかりにくい物を立体的にコピーできるといい名という思いから考え出されたものです。

このように、テクノロジーは常に、人々のニーズや意見に基づき、人々の役に立つもの、人々の生活をより快適にするものを求めて日々進化を遂げています。
こういったテクノロジーで生まれた発明を、より具体的に生活に根ざした形で実現するのがITです。
実現され、システム化されたITは、人々の日常生活に入り込み、人々のニーズや期待にこたえます。
人々のニーズや期待がテクノロジーを生み、テクノロジーがITを生み、ITが人々のニーズや期待にこたえる、こういったつながりでITやテクノロジーは日々進化しているのです。

コメントを残す


*